CHRONO CROSS
CHRONO CROSS

1999年11月18日に『クロノ・クロス』が発売されてから早20年が経ちます。 今年はクロノ・クロス イヤーということで是非皆様と一緒に盛り上がれたらと思いライブツアーを開催することにいたしました。 クロノ・クロスの音楽のテーマはずばり「ラジカル・トラッド」(過激なトラディショナル・ミュージック)で、新たなゲーム音楽を提示すべく自分なりにかなりチャレンジした作品でした。 バルカン、ケルト、北欧トラッド、アフリカ音楽などなど、ありとあらゆるサウンドが入り交じり独特な無国籍音楽に仕上がっています。 今回は自ら全ての楽曲をライブ用にアレンジし、皆様と笑ったり踊ったり出来るようなステージを目指しています。 そういったこともあり、今回は椅子に座ってゆっくりと聴くコンサートではなく、ファンの皆様と奏者とが一体となって音楽を楽しめるようにライブ形式とさせてもらいました。 そして今回は東京、大阪、名古屋の3ヶ所でライブをおこないます。 音楽に身を委ね、全身で音楽を楽しんで貰えたらと思っています。 セルジュやサラ・キッド・ジール、そして多くの仲間達と一緒に“凍てついた炎”を捜す旅に出よう。

signature

Musicians' Comments

今回は、調子に乗って、はしゃぎ回って、ヴァイオリンを破壊することが無いよう、十分注意することを、ここに誓います。

壷井彰久 (Violin)

クロノ・クロスは、自分にとってゲーム音楽を演奏するのが大好きになるきっかけになった、本当に特別な存在です。日本はもとより世界中でも本当に大人気なクロノ・クロス。CHRONO CROSS 20th Anniversary Live という記念すべき瞬間に参加させて頂ける事、そして光田さんやバンドの皆さん、そして会場の皆さまと一緒にスペシャルなひと時を共有できる事を本当に楽しみにしています!!

寺田典子 (Percussion)

僕がイーリアンパイプスを始めたきっかけは、光田さんの音楽でした。ゼノギアス20周年コンサートに続き、クロノクロス20周年ライブにも参加でき、大変感慨深く、光栄です。皆様と一緒に、心に残る時間にできるよう頑張ります。

野口明生
Tin Whistle, Low Whistle
& Uilleann Pipes

クロノクロス!音楽の格好良さに、発売日にCD屋さんへサウンドトラックを買いに走りました(そんな時代でした…)。光田さんのコンサートにはいつも色々な奇跡があって…音楽的には勿論、かけがえのない方々との出会いや別れ…その感動や思いは言葉に尽くせません。大切な気持ちと新たなワクワクを胸に、光田さんと素晴らしいメンバー、スタッフ、そして聴いてくださるみなさまと一緒に、クロノクロス20周年、心から楽しみ、全力投球します…!!

藤野由佳 (Accordion)
English