titlebar
【 Wi-Fi MIDI (Bonjour) 】
Wi-Fi MIDI(Bonjour)を「ON」にすることにより、お手持ちのコンピュータと端末を Wi-Fi を使用して MIDI 接続することができます。 Wi-Fi MIDI を接続することにより DAW ソフトなどに演奏情報(MIDI データ)を転送することが出来るようになります。

Macintoshをお使いの方
お使いのコンピュータが Mac OS X 10.6以降の場合、「Audio MIDI 設定」内の Network MIDI を設定し接続します。 なお、Mac OS X の Core MIDI、および Network MIDI の詳しい使用方法についてはApple社のホームページやApple社にお問い合せください。

Windows XP、Windows 7、Windows 8をお使いの方
Windows をお使いの方は、Bonjour プロトコルを使用した Wi-Fi MIDI、または Network MIDI の構築が必要になります。Handy Harp では「rtpMIDI」での動作を確認しております。
なお、Windows に「rtpMIDI」をインストールしたことによるいかなる不具合に関して弊社では責任を負いかねますので、予めご了承ください。

Wi-Fi MIDI について
Wi-Fi MIDI では既存の無線ネットワーク環境を使用するため、環境によっては演奏する際にレイテンシー( Handy Harp を操作してからコンピュータ側で実際に発音されるまでの遅延)が発生する場合があります。
その場合、コンピュータのネットワークをアクセスポイントとして設定し、iOS端末と Wi-Fi で接続することにより、解消できる場合があります。

また、お使いのコンピュータの環境によってもレイテンシーが発生する場合があります。 iPhone および iPad が待受状態になった場合、または接続先のコンピュータがスリープになった場合、Wi-Fi MIDI 接続は切断されます。

【 Macintoshへの接続 】(Mac OSX 10.5以降)
Mac OS X で Wi-Fi MIDI を使用する場合、以下の設定および手順を行ってください。
  1. Macintoshのアプリケーション > ユーティリティー > Audio MIDI 設定.app をクリックし立ち上げます。
  2. メニューバーの「ウィンドウ」から「MIDI ウィンドウを表示」を選びます。
  3. 「ネットワーク」アイコンをダブルクリックします。
  4. 「MIDI ネットワーク設定」ウィンドウが開いたら「自分のセッション」エリアの[+]ボタンを押し新規にセッションを作成します。(名前は任意で入力可能です)
  5. セッション名の左にあるボックスにチェックを入れ、セッションを有効にします。
  6. 「Handy Harp」を起動し、設定画面の「Wi-Fi MIDI(Bonjour)」をONにします。
  7. 数秒後「MIDI ネットワーク設定」の「ディレクトリ」欄にお手持ちの端末名が表示されます。
  8. 「ディレクトリ」に表示されている接続したい端末名を選び、[接続]ボタンを押します。
  9. 「セッション」内の「構成」欄に端末名が表示されたら、コンピュータと端末の接続が成功したことになります。
【 Windowsへの接続 】
  1. 「rtp-MIDI」をサイトからダウンロードし、インストールします。
  2. 画面構成はMacintoshの「Audio MIDI 設定.app」と全く同じですので、
    【 Macintoshへの接続 】の④番から同様に進めてください。