titlebar
コードの選出方法について
登録されているコードのペダル設定は、コードに合ったグリッサンド構成音の慣習を元に下記の優先順位で設定しご提案するもので、構成音を重視する場合の例であり、コードの機能や前後のペダル設定などによって大きく変化しうるものです。鍵盤上に表示された注意マークを参考に、色々なペダル設定を試してみてください。テンションの高いコードでは、あえてテンション音、または根音を削除することによって、美しいグリッサンド構成音が得られる場合があります。
  1. 全てのペダルをフラット位置にします。
  2. 7度音(構成音にない場合は次へ)
  3. 5度音
  4. 3度音(sus4 の場合は 4度音として)
  5. 根音(7度音で使用した場合は根音に変更します)
  6. 6度音(構成音にない場合は次へ)
  7. 9度音(構成音にない場合は次へ)
  8. 11度音(構成音にない場合は次へ)
  9. 13度音(構成音にない場合は次へ)
    この時点で残った非構成音の処理をします。
  10. 隣接した音が半音にならないように移動します。
  11. 構成音と構成音の間に半音程が5個以上含まれている場合(増3度、完全4度など)は、メジャーコードの場合、長音階内の音を選択します。マイナーコードの場合は、旋律的単音階の下降形内の音を選択します。
  12. 非構成音が2つ連続する場合は、以上の条件に合致する1つの音に集約します。